« 塩野七生「ギリシア人の物語Ⅰ」感想 | トップページ | Wowow「ローガン」感想 »

2018/03/24

映画「ちはやふる 結び」感想

 前作「下の句」から2年。

 「下の句」では千早の迷走っぷりがあまりに激しくて、見ていてイライラとフラストレーションがたまりましたが、今回は太一君が迷走します。ただし、太一君には師匠が登場し、迷える子羊太一君を新たなステージへと導いてくれます。しかも、この師匠、読み手の声が発する前の空気の震動から、次の音を予感するという特殊な才能を持っていて、カルタ永世名人として無敵の力を持っているのに、財布に現金が入ってなかったり、甘い物に目がなかったりと、絶妙なキャラ設定です。彼の存在が本作を大変魅力ある物にしています。特に太一が、無理してカルタを続けてきたことをあっさりと見抜くシーン、太一の苦悩に寄り添うシーンはぐっときます。

 同じくらい素晴らしいのが上白石萌音。新入部員の大失敗を、和歌を使って、「昔からそういうことはよくあったのよ」と慰める。いやいい子だなあぁ。特に千早から「カルタやっててよかった?」と聞かれた時の答え。ぐっときました。いやいい子だなぁ・・・。

 かるたクイーンの松岡茉優も、どS&不思議ちゃんキャラになりきっていて、特にテレビ中継シーンは楽しませてくれました。

 カルタ競技特有の戦術がいくつか出てきて、素人の私にはちんぷんかんぷんでしたが、そこは想像力で補える範囲でしたので、全然気になりません。気になったのは、2年たって、役者さんたちもそれなりに大人になったため、高校生役にはちょっと無理があるかなと感じるシーンがちらほら。でもそこは想像力でなんとか・・・(笑)。

 途中に差し挟まれる水彩画タッチのアニメが、また実に効果的。水彩画だから滲んで見えるのか、こちらの涙腺が緩んでいるから滲んで見えるのか、さてどっちだったんだろ?

 ダイナミックなカメラワーク、静と動を感じさせる音楽、だれることのない緊迫したストーリー展開、いい映画だと思いました。

|

« 塩野七生「ギリシア人の物語Ⅰ」感想 | トップページ | Wowow「ローガン」感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ちはやふる 結び」感想:

« 塩野七生「ギリシア人の物語Ⅰ」感想 | トップページ | Wowow「ローガン」感想 »