« 彩瀬まる「くちなし」感想 | トップページ | 映画「ちはやふる 結び」感想 »

2018/03/18

塩野七生「ギリシア人の物語Ⅰ」感想

 全三巻。

 第一巻がペルシア戦役、第二巻がペロポネソス戦役、第三巻がアレクサンダー大王の東征となっているらしい。

 まずは第一巻から。

 「ローマ人の物語」を読んでいたので、正直「ギリシア人の物語」なんて、たいしたことないだろうと高をくくっていた。ハンニバル対スキピオや、カエサル対ヴェルチンジェトリクスのような、胸躍らせるドラマなんか、さすがにないだろうと。ところがこれがとんでもない思い違いだった。もうすでに、ギリシアの重装歩兵たちは、後のローマ軍のような包囲殲滅作戦を、騎兵抜きの歩兵だけで実現させ、数で優るペルシア軍に圧勝していたのだ。「マラトンの戦い」である。先勝報告をアテネに伝えるべく40キロを走り抜いた男の故事が、「マラソン」の語源になったという例のやつである。

 さらにそれに続く「サラミスの海戦」も、世界史の教科書に登場し、名前だけは知っていたものの、それが海上でどのような包囲線を展開したのか、どのようにドラマチックなものだったのかは、本書を読むまで知らなかった。

 また、映画「300」で有名になった、スパルタ兵300人がペルシア軍相手に死闘を演じ、全滅した例のエピソードも登場する。この「テルモピュライの戦い」が、対ペルシア戦において、ギリシア側に悲壮な決意をさせるための重要な伏線となっている。それが本書を読むとよくわかる。

 という風に、「ローマ人の物語」に一歩も引けを取らないドラマチックさなのだ。多分に塩野七生氏の想像による書き加えがあるのだろうが、無味乾燥な歴史の教科書を読んでいたのではちっとも伝わってこない、想像もできない、当時のギリシア人たちの熱い思いがひしひしと伝わってくる点、本書を高く評価したい。

 さあ、次はこれも世界史の教科書で、名前だけは知っている「ペロポネソス戦役」だ!

|

« 彩瀬まる「くちなし」感想 | トップページ | 映画「ちはやふる 結び」感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49249/66511869

この記事へのトラックバック一覧です: 塩野七生「ギリシア人の物語Ⅰ」感想:

« 彩瀬まる「くちなし」感想 | トップページ | 映画「ちはやふる 結び」感想 »