« 武田康男「地球は本当に丸いのか? 身近に見つかる9つの証拠」感想 | トップページ | WOWOW「帝一の國」感想 »

2018/02/25

山本弘「君の知らない方程式」感想

 BISビブリオバトルシリーズ第4作です。

 ビブリオバトルは、最近新聞でも取り上げられるようになってきており、徐々に知名度が上がってきているように感じます。

 何人かの発表者が、自分が読んで気に入った本を、順番に一人5分の持ち時間で紹介します。聴衆は、全員の発表が終わったら、一番読みたいと思った本に投票します。一番票を多く獲得した本の紹介者が勝ちというゲームです。

 本作の登場人物は、それぞれ読書傾向に偏りがあります。SFが大好きな主人公、ノンフィクションしか読まない堅物、ボーイズラブ専門の女の子、ラノベ大好きな美少年などなど。

 私はSFは割と好きなジャンルなので、本作の主人公が紹介してくれた「冷たい方程式」は、すごく気になりました。それだけじゃなく、ビブリオバトルで紹介された本はどれも読みたくなるものばかり。「それどんな商品だよ!本当にあったへんな商標」なんかホント今すぐにでも読みたい!

 私の勤務校の図書室には、生徒を図書室に誘いこむために、ラノベ系の本をかなり大量に取りそろえています。私はラノベ系は「キノの旅」シリーズや「涼宮ハルヒ」シリーズあたりまでしか知りません。今回、本作を読んで、あらためてラノベの名作の数々を知ることができました。「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」「僕は友達が少ない」などなど、背表紙のタイトルはいつも見て、知ってはいたのですが、巻数が多いので、手にとって読んだことはないのです。ああ、読みたくなってきた・・・。 

 今はそんなに読書にさける時間がないので、退職後の楽しみにとっておくとしましょう。

 苦言を一つ。作中のビブリオバトルは、毎回楽しく読ませてもらっているのですが、それとは別に存在する、登場人物たちの三角関係のドラマ、ラストの解決方法には無理があると思います。嫉妬心は、自分のDNAを次世代に残すために有利だから、長い年月の進化の過程で、消えることなく残されてきた本能だと考えられます。本能に無理して逆らうと、ろくでもない未来が待ち構えているはず。一夫多妻制が認められていた「源氏物語」だって、嫉妬心に狂う同僚や怨霊のせいで、女性たちがたいへんな目に遭っているじゃないですか。

|

« 武田康男「地球は本当に丸いのか? 身近に見つかる9つの証拠」感想 | トップページ | WOWOW「帝一の國」感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山本弘「君の知らない方程式」感想:

« 武田康男「地球は本当に丸いのか? 身近に見つかる9つの証拠」感想 | トップページ | WOWOW「帝一の國」感想 »