« BD「Perfume Clips2」から「If you wanna」感想 | トップページ | Wowow「パッセンジャー」感想 »

2017/12/03

中村航「無敵の二人」感想

 ボクシング小説、しかも実話ベース

 北海道出身の元日本ライトフライ級チャンピオン畠山昌人と、彼を育てた女性トレーナー赤坂裕美子(本作では「ひかる」という名前で登場)のドラマ。

 最初は「ねえ、ムシケン! ぐるっとやって、ねえ、ぐるっと!」というひかるのセリフでスタートする。ムシケンは「ちょっ、ちょっち、ひかるちゃん!」などど声を出す。もちろん、ムシケンとは具志堅用高のことで、現在読売新聞で自伝が連載中なのである。それによると「ちょっちね」というのは、「ちょっと」という意味ではなく「そうですね」であるらしいのだが、本作では「ちょっと」の意味で使われる(笑)。

 いきなり世界チャンピオンと遊ぶ小学生の女の子のシーンで始まるのだから、驚きである。さらに本作、ひかるの小学生時代の天衣無縫ぶりがこれでもかと描かれる。ひょっとしてこれはボクシング小説ではなく、ひかるの担任教師ナカザワの教員苦闘ドラマなのか? と思ったりする。だが、読んでいる最中は「ボクシングはいつになったら始まるのか」とか、そんなことはこれっぽっちも思わず、ただただひたすら、男子軍団のリーダーで、しかも女子たちからも慕われている赤沢ひかるの人間的魅力にとりこになっていたのである。

 ちなみに小学生時代、ひかるは同級生の田川君と親友の誓いを交わす。当然これは成長してからの伏線かなにかだろうと思いつつ読むわけだが、残念ながら田川君はこれっきり二度と出てこない(笑)。同じく中学生になったひかるは、男友だちのイケダくんから「おれたち、付き合おうぜ」と告白され「あー、うん」とOKし、しばらく付き合うのだが、このイケダくんもこれっきり二度と出てこない・・・。この潔さ(笑)。いやあまさしく実話ベースだなあ。赤坂ひかるがどんな子どもだったかを語るための一登場人物としての扱い(笑)。

 (さらについでに本作、ひかるたちはガンプラに夢中になったりする。ザク、旧ザク、グフ、ズゴック、ドム、ゲルググ、ジオング・・・)

 この少女が、25歳になった時、父親の入院を機にボクシングジムを継いで、トレーナーの道を歩むのだ。

 もう一人の主人公畠山が登場するのは138ページになってから。ここから本作は本格的なボクシング小説になっていく。しかもこの畠山のボクシングスタイルが、とてつもなくストイックでかっこいい。試合前に右の拳でとんとんと左胸を叩く。試合が始まると愚直なまでに前進し、内側からコンパクトに連打する。やがて試合後半になり、持久力に勝る畠山が、ついに相手を一方的に連打する時間がやってくる。畠山の「絶対時間」・・・。正直しびれた。途中審判のミスジャッジによる不運にも見舞われるが、そこからの再起シーンが、またとてつもなくかっこいい。

 ボクシングファンのみならず、やんちゃでわんぱくな少年少女時代の話が大好きな方は、本作は必読であると言えよう。

 

|

« BD「Perfume Clips2」から「If you wanna」感想 | トップページ | Wowow「パッセンジャー」感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49249/66117437

この記事へのトラックバック一覧です: 中村航「無敵の二人」感想:

« BD「Perfume Clips2」から「If you wanna」感想 | トップページ | Wowow「パッセンジャー」感想 »