« 歌野晶午「Dの殺人事件、まことに恐ろしきは」感想 | トップページ | 映画「ワンダーウーマン」感想 »

2017/08/24

江國香織「なかなか暮れない夏の夕暮れ」感想

 読書あるある! を、入れ子構造の劇中劇小説に応用しましたという感じ。

 本書の主人公・稔の趣味は読書。稔が読んでいる本のストーリーと、稔の周辺の人々のドラマが交互に語られるのだが、そのつなぎ目が唐突なのだ。例えば次のように・・・。

※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※ 

何が起きたのかわから

「稔」

肩をつつかれ、見るとすぐそばに雀が経っていた。

※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※ 

 一行目は稔が読んでいるハードボイルド小説である。読書に夢中になっているところに、妹の雀が突然訪問してきて、稔は現実世界にいきなり戻されるのだ。

 まさしく読書あるある! なのだ。読書好きなら、皆似たような体験をお持ちだろう。さらに劇中劇であるKGBがからんでくるハードボイルド小説がなかなかスリリングな展開で、「え、ここでお預け? この続き、どうなっちゃうの? 早く読ませてよ」殺生なのである。

 この、途中でぶった切るという感覚は、雀の絵はがきにも使われていて、一枚目が「今朝は時計草の実をた」・・・いや「た」って何? そうしてこの続きが二枚目に「べました」とあるのだ。

 稔の元妻である渚は、読書に夢中になるあまり、妻と会話をしようとしない稔との生活に嫌気がさして離婚したらしい。再婚した新しい夫は、稔とは正反対で、食事中、絶えずテレビのバラエティ番組を見ては、出演者たちが語るどうでもいい内容についての感想を妻の渚と共有したがる。渚は、こういうなんでもない日常が幸せなのだと思い込もうとする。失って初めて大切さに気がつくタイプのものだろうと。

 こういう人物を設定することで、本作は読書好きの幸せをさりげなく描くのだ。

 ついでに言うと、登場人物の多くが妙な恋愛をしている。由麻という女性は妻子持ちの男性と大恋愛ののち、彼の子どもを出産する。ところが赤ん坊との生活を送る内に、「結局のところ、彼は由麻に雷留を与えてくれたのだから、もう役目は終えているのだ」大恋愛がすっかり冷めてしまうのだ。

 劇中劇でもラウラはこう語る。「たぶん恋は全部過ちなんだわ」

 稔の親友の大竹にいたっては、妻へのストーカー行為が高じて・・・(笑)。生物の本来持っている、生殖活動に対する本能にあらがうことのできない人々が、たくさん登場する小説なのである。

 ラストの終わり方もなかなかよい。やっぱり読みかけの本は、きりのいいところまで読みたいよね。

 さて本書、登場人物がやたらと多いのに、その一覧表がない。というわけで作ってみた。これから本書を読もうというかたのお役にたてば幸いである。

劇中劇その一の登場人物

ラース=58歳 主人公

ゾーヤ=30歳前後のジャズシンガー、ラースの愛人

モーナ=ゾーヤの妹

エリック=ピアニスト、ゾーヤとトリオを組んでいた。

ソニア=エリックの妻

イサーク=エリックの旧友

オラフ=KGB、エリックからある証拠の品を回収するのが任務

マリーエ=KGB、オラフの仲間

劇中劇その二の登場人物

ナタリア=主人公、カリブ海の島に住む若い娘

ラウラ=ナタリアの幼なじみ

ジョニー=ラウラの恋人

ベンジャミン=ラウラの仕事先の上司で、ラウラの浮気相手でもある

プリニオ=ナタリアの兄。トニオというマフィアの子分

スコット=アメリカのギャング

本編の登場人物

稔=主人公、読書好き

雀=稔の姉、カメラマン

渚=稔の元妻、再婚して藤田姓に。

波十(はと)=稔と渚の間にできた娘、八歳、稔と同じく読書好き

藤田=渚の再婚相手、テレビが好き

淳子=稔の同級生、女性誌編集長、(ジュンジュン)

光輝=淳子のできのいい息子、大学生

大竹道郎=稔の親友、同級生、税理士

彩美=大竹の二度目の若い妻、(ヤミ)

加奈子=大竹の同級生

さやか=高校教師、56歳、チカと同居(レズ)

チカ=小料理店経営、52歳

真美=チカの店のアルバイト、学生

木村茜=稔が社長をしているソフトクリーム店の店員

由麻=茜の友人、藤枝という妻子ある男性の子(雷留)を出産

藤枝=妻子があるのに、由麻と浮気

雷留(らいる)=由麻と藤枝の子。名前は将来外国に行っても通りがよさそうだからという理由でつけられた

|

« 歌野晶午「Dの殺人事件、まことに恐ろしきは」感想 | トップページ | 映画「ワンダーウーマン」感想 »

コメント

こんにちは。
スペースお借り致します。

お友達がたくさん出来て、投稿に参加する度ごとに直筆のカード式のファンレターが3~30枚以上届く文芸サークル(投稿雑誌)をやっています。
ネットでのやりとりも楽しいですが、ぬくもりが伝わるアナログでの活動は温かい気持ちになり、楽しさや幸せをより感じられます。
イラスト・詩・漫画・小説・エッセイなどジャンルを問わず何でも掲載しています。
月刊で100ページくらい。全国に約120人の会員さんがいます。
あなたがブログで発表している作品を雑誌に掲載してみませんか?
東京都内で集会も行っています。お友達や創作仲間作りにご活用下さい。

興味を持たれた方には、現在雑誌代と送料とも無料で最新号をプレゼントしています。
よろしかったらホームページだけでもご覧になって下さい。
ホームページにある申込フォームから簡単に最新号をご請求出来ます。
http://www2.tbb.t-com.ne.jp/hapine/

これからもブログの運営頑張って下さい。
失礼致しました。

投稿: つねさん | 2017/09/09 07:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 江國香織「なかなか暮れない夏の夕暮れ」感想:

« 歌野晶午「Dの殺人事件、まことに恐ろしきは」感想 | トップページ | 映画「ワンダーウーマン」感想 »