« 「Kiss and music」がNHK「超入門! 落語 THE MOVIE」で流れる! | トップページ | 「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」感想 »

2017/07/29

前野ウルド浩太郎「孤独なバッタが群れるとき」感想

 ファミコン全盛期のころ、コーエーの「信長の野望」というゲームにはまった覚えがあります。当然その流れで同じくコーエーの「三国志」にものめりこみました。「信長」と違い「三国志」は、プレイヤーにはどうしようもない恐怖のイベント「ああ、いなごだ・・・」がありました。せっかく内政に励んで穀物の収穫量を上げ、人口を増やしても、このイベントが発生するとばたばたと領民が餓死していくという、世の中の不条理を実感させてくれる素晴らしいゲームでした(笑)。

 そんな私ですから、当然本書のタイトルには無条件で食いついてしまうわけです(笑)。しかも本の帯には「その者、群れると黒い悪魔と化し、破滅をもたらす」とあるのです。ナウシカのパロディみたい(その者、青き衣をまとい金色の野に降り立つべし)。

 本書で取り上げるサバクトビバッタですが、

「見た目は馴染みのあるトノサマバッタに似ている。成虫は約二グラムほどで自分と同じ体重に近い量の新鮮な草を食べるので、一トンのバッタは、一日に二千五百人分の食糧と同じだけ消費する計算になる。しばしば大発生して、大移動しながら次々と農作物に壊滅的な被害を及ぼす害虫として世界的に知られている」

とか、

「巨大な一つの群れは五百キロメートル途切れることなく空を覆う」

とか、

「語源はラテン語の『焼け野原』からきている」

とか、

「植物を食い尽くすと、バッタたちはまた新しいエサ場を求め進撃を繰り返していく。彼らが過ぎ去った後には緑という緑は残らない。残るのは人々の深い悲しみだけだ」

「普段目にする緑色のバッタこそが、悪魔の正体で、複数のバッタの幼虫を一つの容器に押し込めて飼育すると、あの黒い悪魔に豹変するというのだ」

などなど、刺激的な記述がこれでもかと続くのです。

 筆者は、群れると危険になるというバッタを、徹底的に飼育観察。様々な条件で比較をした結果が、データとともに述べられています。どれくらいバッタ密度が濃くなると、平和を好む緑バッタが、危険な黒バッタを産むようになるのか。どんな刺激がきっかけで、凶暴な黒バッタを産むようになるのか。

 特に衝撃的なのが、卵黄の量の多い少ないが、緑バッタになるか黒バッタになるかを決めるという部分。筆者は自分の仮説を証明するために、バッタの卵から卵黄を抜き取るという、なんとも大胆な方法をとるのです。しかも「卵に針で穴を開け、中の卵黄を絞り出す」という、まんま手作業の、実にアナログな手法によって。こんなんでうまいこといくんかい! ・・・うまいこといくんです。なんでもやってみるものなんだなあ・・・。

 低密度で育ったバッタは、小型の卵をたくさん産み、子孫をより多く残す戦略をとったほうが生存競争に有利だけれど、高密度で育ったバッタは、大型の卵を少数産むことで、劣悪な環境下でもたくましく生き延びる子孫を残したほうが有利なのだろうというのが、筆者たちの仮説です。

 人間も増えすぎると、好戦的な性格の子孫が増えて、過酷な環境下でも生き延びようとするのかなあ・・・。

 考え出すととんでもなくシリアスになるのですが、本書は随所に脱力系のどうでもいい小話が散りばめられており、緩い笑いとともに読み進めることができます。いいバランスです。

 例えば、博士号を所得していい気になった筆者が、バッタではなく夜のアゲハ(比喩)に夢中になり、研究を台無しにしかけて、正気に戻る話とか(笑)。

 筆者のミドルネームに「ウルド」が入る理由とか(笑)。

  「僕の研究で世界を救う」みたいな、誰かに役に立ちたくて研究やってます的なところがみじんもないところも好印象。好きだからやってるという一貫したスタンスなんですね。

 いやあ、理系男子の書く本って、邪念がなくて楽しいなあ。

|

« 「Kiss and music」がNHK「超入門! 落語 THE MOVIE」で流れる! | トップページ | 「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49249/65595469

この記事へのトラックバック一覧です: 前野ウルド浩太郎「孤独なバッタが群れるとき」感想:

« 「Kiss and music」がNHK「超入門! 落語 THE MOVIE」で流れる! | トップページ | 「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」感想 »