« 佐伯和人「月はぼくらの宇宙港」感想 | トップページ | 鳴海 風「円周率の謎を追う~江戸の天才数学者・関孝和の挑戦」感想 »

2017/06/04

キャシー・アッペルト&アリスン・マギー「ホイッパーウィル川の伝説」感想

 平成29年度読書感想文コンクール課題図書シリーズ第2弾! 海外文学です。

 著者名が二人ありますが、これは一人が人間視点の部分、もう一人がキツネ視点の部分、というように、完全分業制で書いているからです。そういうわけで、主人公は二人・・・いや一人と一匹います。さてその成否は・・・これについては後ほど。

 人間のほうの主人公は11歳の女の子ジュールズ。姉を事故で亡くし、その喪失感から立ち直れずにいます。ある日キツネに、生前の姉が通っていた秘密の場所へ導かれます。そこで、姉の本当の思いを知り、生きる力を取り戻すというストーリー。

 同時進行でキツネのストーリーも語られます。ある使命を帯びた若いメスのキツネが、その使命のために殉死します。残された兄キツネが、妹キツネを悼む、というストーリー。

 二つのストーリーに共通するのは、生き残った者が死んでいった者を悼み、その喪失感から立ち直るという点。

 あらすじだけ書くと、なんだか感動的な、素晴らしい話のような気がするかもしれません。が、しかし・・・

 まず主人公ジュールズのキャラ設定、自分のことで手一杯で、感情をうまくコントロールできない少女に、果たして、思慮深い読書好きの中学生が、感情移入できるでしょうか? できれば年齢設定を14歳くらいにして、もう少し客観的に自分を見るキャラにしてほしかったですね。読んでいてかなりイラッとします。

 次に、ジュールズの友人の兄、エルク。親友ジークがアフガニスタンで戦死し、その喪失感に苦しんでいるのですが、ある時森の奥で、ジークの死を悼むため、猟銃を21発も発砲!! ああ、アメリカってつくづく銃社会で、徴兵制のある国なんだなあと思いました。日本人の感覚では、野生動物の住む森の奥で21発も発砲なんてありえません。森の動物や精霊(本書では、森の精霊が存在するという設定)たちにケンカ売ってんのか? と思ってしまいます。この後、エルクは、森を騒がせた罰として、クマに食い殺されるんじゃないかと、ヒヤヒヤしながら読みました(そうはなりませんけど)。

 自然界と共生・共存するのではなく、自然は人間の力で征服するもの、という文化で育っているからなんでしょうね。なにしろ、アメリカは開拓民の国ですから。

 次にピューマ。どうしたピューマ。出番はそれで終わりか? エルクとのその後の関わりがほとんど描かれてないような気がします。エルクの心を救う役どころじゃあなかったの? これでは登場した意味がありません。

 次はクマ。臭いとか、バカとか、一方的に悪者として描かれています。なぜキツネとピューマは善き者で、クマは悪しき者なのか? 両者を分ける基準がわかりません。クマだって森の一員だぞ。作者の都合で勝手に差別するな!

 次に、キツネが言葉を喋る点。「他の何者かを助けるためにこの世に生まれてくる聖なる動物」である自分のことを「ケネン」という名詞で語るのです。人間がこういった生まれ変わりの概念に(事故死した姉がキツネに、戦死したジークがピューマに生まれ変わったと考えられるのですね)名前をつけるのはわかります、でもキツネが会話の中で使うか? ものすごい違和感です。聖なる動物なんだから、下手に擬人化せず、行動や背景描写で表現してほしかった。このあたりの描写のうまさについては、日本には優秀なファンタジー作家さんがたくさんいらっしゃるので、普段からそちらを読み込んでいる日本の中学生読者家さんにとっては、本作はおおいに不満を感じるものとなるでしょう。

 総じて、作者は二人とも、お互いのパートの欠点について、言いあえていないのではないかと想像されます。普通なら優秀な編集者が客観的な感想を作者に伝え、それをもとにして、作者は作品に手を加えるのでしょうが、本作はどうもそのあたりがあまりうまくいっていないような。

 二人でパートを分けて合作というのは、やはり難しいもののようです。

|

« 佐伯和人「月はぼくらの宇宙港」感想 | トップページ | 鳴海 風「円周率の謎を追う~江戸の天才数学者・関孝和の挑戦」感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49249/65371016

この記事へのトラックバック一覧です: キャシー・アッペルト&アリスン・マギー「ホイッパーウィル川の伝説」感想:

« 佐伯和人「月はぼくらの宇宙港」感想 | トップページ | 鳴海 風「円周率の謎を追う~江戸の天才数学者・関孝和の挑戦」感想 »