« 鳴海 風「円周率の謎を追う~江戸の天才数学者・関孝和の挑戦」感想 | トップページ | 辻村深月「かがみの孤城」感想 »

2017/06/18

ケン・リュウ「母の記憶に」感想

 2年前、「紙の動物園」で、日本のSFファンの心を鷲づかみにしたケン・リュウ氏のSF短編集第2弾。

 16編の短編が収められています。印象に残ったものの感想をいくつか。

 まず表題作の「母の記憶に」

 短編集ですが、この話が一番短い。「光速に近づくと時間の流れが遅くなる」という、SF好きまら誰もが知っている特殊相対性理論を、親子の絆というテーマでケン・リュウが扱うとどうなるか。読後の印象も鮮やかな作品です。

 「草を結びて環を銜(クワ)えん」と、「訴訟師と猿の王」の二編は、いずれも「揚州大虐殺」という、中国の歴史から一時封印されていた大事件に、真っ向からあらがって散っていった市井の人を主人公にしたもの。後者はタイトルからもわかるとおり、例の有名なスーパーモンキーが登場するのですが、この猿が超能力を使って事態を打破するような筋立てではないところが、キモとなっています。彼は徹底して主人公の傍観者として描かれるのですが、最後にこの猿が何をしたか・・・このあたりが実にケン・リュウらしいのですね。 決して歴史の表に残ることのない無名の人たちへの優しい眼差しが、しみじみとした読後感につながります。

 個人的にツボだったのは「重荷は常に汝とともに」

 ピラミッドに残された古代文字を読み解くのと同じように、惑星ルーラでかつて文明を築いた異星人の文字を解読する若き考古学者・・・ではなくてその彼女が主人公(笑)。ちなみに彼女の職業は、会計士。彼女が読み解いたルーラの散文詩、その本当の意味は・・・これが実に笑えます。しかも、こういうパターンって本当にありそうなところがすごい。あなたも是非、「重荷」が何のことなのか、推理してみてください。(ヒントはもうここに出してありますよ(笑))。

|

« 鳴海 風「円周率の謎を追う~江戸の天才数学者・関孝和の挑戦」感想 | トップページ | 辻村深月「かがみの孤城」感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49249/65428584

この記事へのトラックバック一覧です: ケン・リュウ「母の記憶に」感想:

« 鳴海 風「円周率の謎を追う~江戸の天才数学者・関孝和の挑戦」感想 | トップページ | 辻村深月「かがみの孤城」感想 »