« ケン・リュウ「母の記憶に」感想 | トップページ | WOWOW「セトウツミ」感想 »

2017/06/24

辻村深月「かがみの孤城」感想

 不登校の中学生男女七人が登場。七人いるので、ネグレクト、協調性のない性格、家庭内暴力、母親の情緒不安定、虚言癖など、不登校のきっかけとなる主なパターンは一通り網羅されている。

 特に主人公の受けたいじめは、いかにも「あるある」なパターン。誰が誰のことを好きかとか、誰のせいで誰の恋愛がうまくいかないだとか、この子が失恋したのはこいつのせいだとか、この男の子は、アタシのことが好きなのよあんたのことなんかちっとも好きじゃないのよ引っ込んでなさいとか、恋愛に関するあることないこと情報をまき散らし、私の味方になれば損はさせないけど、そうでなければ酷い目にあうわよ! わかってんのあんた!とか、まるで関ヶ原の合戦の前に、家康が書きまくった手紙攻撃みたいなことをクラスじゅうに実行する女子生徒。実際にこの手の人物は、どこの中学校のクラスでも最低一人以上はいるだろうと思われる。そうして女子中学生の間では、表に出ない形でこういう形の仲間外しが、毎日行われているのではなかろうか? 作中に「どこへ行ってもああいう嫌な奴はいる」みたいなことが書いてあるが、まさしくそうだと感じる。

 本作では、主人公たちは、かがみの孤城という、現実にはありえない架空の世界で、お互いの欠点に触れないよう気遣いながら、ゆるくて楽な人間関係を築いていく。そうして少しずつ心の傷を癒やしていくのだ。

 「かがみの孤城」は、ネットゲームの世界では友人が多く、とってもいい人!の演技をしている奴が、実社会では引き籠もりで、家から一歩も出られない・・・という、ありがちなパターンをメタファーとして表現しているように感じられる。

 本作では、七人が徐々にお互いの痛み、苦しさに気付き、相手の立場に立って考える客観性を身につけていく。自分だけでは思いつきもしなかった別のベクトルからの物の見方を身につけていくのだ。そして、お互いを助け合うことはできないのだろうかと、模索していく。このように、引き籠もりの主人公が、精神的にたくましく成長するストーリーは王道と言える。

 というわけで、本作は王道の主人公成長物語(ビルドゥングスロマン)なのだが、実は第一級のミステリー小説という側面も併せ持つ。このあたりが、「十二国記」などの過去の名作との大きな違いであり、本書の特徴でもある。

 特にヒントについてだが、最初からあそこにもここにも示されている。にも関わらず、最終場面まで私はそれに気付かなかった。そういうわけで、ラストの種明かしには正直驚いた。

 ラスト前で、七人がなぜ不登校になったか、その事情が克明に描かれる。このあたりはヒントだけ示し、あとは読者に想像させる手もあるのだが、本作ではリアルな描写があって、はじめてその後の種明かしに説得力が生まれるようになっている。

 一冊で二度おいしい。おすすめである。

|

« ケン・リュウ「母の記憶に」感想 | トップページ | WOWOW「セトウツミ」感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49249/65451454

この記事へのトラックバック一覧です: 辻村深月「かがみの孤城」感想:

« ケン・リュウ「母の記憶に」感想 | トップページ | WOWOW「セトウツミ」感想 »