« DVD「エブリバディ・ウォンツ・サム」感想 | トップページ | キャシー・アッペルト&アリスン・マギー「ホイッパーウィル川の伝説」感想 »

2017/05/28

佐伯和人「月はぼくらの宇宙港」感想

 平成29年度読書感想文コンクール課題図書中学校の部、ノンフィクション分野です。

 表紙の絵が、なんとも昭和っぽいし、対象が小学生っぽい。作者は気に入っているようですが、今時の中学生は、この表紙ではおそらく手にしないでしょう。同じ作者の「世界はなぜ月をめざすのか」のほうがよっぽどマシです。

 ミニ実験コーナーというのが8つあり、「月面の足跡をつくってみよう」「レイ(クレーター周辺にできる白い筋)をつくってみよう」などを紹介してくれます。地球上で簡単に実験できるよう、工夫されているとは思いますが、困ったのはこれらのコーナーの写真に実験者として出てくる子供が、筆者の実の娘だというところ。全国に自分の子供の顔をさらしていますが、いいんでしょうか? 子供の今後の身の安全とか、ちゃんと考えた? 将来お年頃になった娘が、このことを後で恨みに思ったりする可能性とかも、考えた?

 さてこの本、コスパについての説明がなかなか楽しいです。ロケットで1キログラムの重さの物体を打ち上げるのにかかる金額が1億円! 金1キログラム500万円と比較して、いかにお金がかかりすぎるかを教えてくれます。当然宇宙から物質を持って帰るのにも1億円かかるわけです。つまり、月に貴重な資源があったとしても、それを地球に持って帰って利用するには、お金がかかりすぎて現実的ではない。

 どうやら、宇宙に関わる仕事は儲かりそうにありません。この本を普通に読んで、「宇宙開発の仕事をしたい」と思う中学生は少ないのではないでしょうか。

 だったらなぜ今、世界の各国は月を目指すのか。それは月の資源を使って月面基地を作るためのようです。月で手に入る資源があれば、いちいち高い金を払って材料を月面まで送らなくてもすむというわけです。

 この本は子供向けなので、説明はこのあたりで終わっています。なぜ中国が真剣に月面基地建設の計画を進めているのか? その理由については、政治的問題もあり、触れてはいません。

 さて、読書感想文を書くなら、その年に起こった印象的な出来事と絡めて書くのはお約束。当然ここは、北朝鮮のミサイル開発と絡めるべきでしょう。

 おそらく中国が月面に基地を作りたい理由は、月から地球を偵察するためでしょう。本書にも、人工衛星では地表に近すぎて、地球のごく一部しか見ることができないなどと、ヒントが書いてあります。さらに、月からなら、地球全体を見ることができるというヒントも書いてありますし、ちゃんとその証拠写真も載せてあります。勘の良い中学生なら、「あ、中国は軍事偵察衛星よりもずっと性能の良い、月面軍事偵察基地の建設を目指しているのか」と気付くでしょう。 

 月からなら、北朝鮮のミサイル発射準備も、リアルタイムに観察できます(月が裏側にいる時は不可能ですが)。アメリカ合衆国の空母も、どこにいるか一発でわかります(今回の北朝鮮ミサイル実験に対する牽制として出航したアメリカ空母ですが、現在の中国の索敵能力では、位置の特定は不可能のようです)。今の戦争は、先に情報を手に入れた方が勝ちですので、月面基地を完成させれば、中国はアメリカなど諸外国に対して圧倒的優位に立てるでしょう。また、月面基地が完成すれば、そこで軍事用人工衛星を量産し、地球の静止軌道上に大量に送り込むという可能性も十分考えられます。

 さあ、全国の中学生諸君、どんな感想文が書けそうでしょうか(笑)?

|

« DVD「エブリバディ・ウォンツ・サム」感想 | トップページ | キャシー・アッペルト&アリスン・マギー「ホイッパーウィル川の伝説」感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49249/65339456

この記事へのトラックバック一覧です: 佐伯和人「月はぼくらの宇宙港」感想:

« DVD「エブリバディ・ウォンツ・サム」感想 | トップページ | キャシー・アッペルト&アリスン・マギー「ホイッパーウィル川の伝説」感想 »