« 「パンセ」感想 | トップページ | WOWOW「孤独のススメ」感想 »

2017/04/30

映画「美女と野獣」感想

 ディズニーのアニメ版を観たのは1992年。もう25年も前になりますか。

 さて、実写版の本作。アニメ版の大ファンである私の評価は「微妙・・・」

 理由はいくつかあります。

 一つ。オープニングがくどい。アニメ版はステンドグラス風な演出で、あとは見る方で勝手に想像しておくれというスタンスでした。本作は全部リアルな映像で見せすぎなんですね。全くおもしろくありません。想像力のない人にはこの方が親切なんでしょうが、観客を馬鹿にしてるのか! と言いたくなります

 二つ。歌がいかん! 思い入れたっぷりに歌いすぎです。もともとドラマティックな歌なので、いくらでも感情移入しようと思えばできる歌なのですが、感情移入しすぎればしすぎるほど、本作のテーマから乖離していきます。アニメ版でも結構テンポの揺れはあったのですが、本作はそれをさらにもったいぶって、これでもかというほどテンポをいじってベタ甘感を強調します。でも、ヒロインのベルは、ベタ甘ラブストーリーにどっぷりはまるキャラではないはず。むしろ理知的で、知識欲旺盛で、先入観抜きに、自分できちんと見たものしか信用しない科学的思考の女性であるはず。本能の命ずるまま、ズブズブと愛にはまる女ではありません。

 三つ。ラストでベルが王子の瞳を見て、野獣の瞳と同じであることを確認するシーン。アニメでは王子の青い瞳が、まさしく野獣の瞳と一致し、観ている方には「ああ、ベルは外見ではなく瞳、つまり内面で男の価値を判断する女性なんだ」ということが伝わってくるのですが、本作の野獣の瞳は、一体どうしたのでしょうか・・・? 本作の重要なテーマを表現するシーンのはずなんですが・・・。

 このシーン、好きだったんです。尻軽女なら、目の前にイケメンが現れたら「まあ、いい男」と舞い上がるでしょう。ところがベルは、王子のイケメン要素には全く興味を示さない。

 中2の授業で、パネルディスカッション(討論ゲーム)があります。毎回生徒にはいろんなテーマでバトルをしてもらっているのですが、毎回とりあげるテーマに「結婚相手はつぎのどれを第一条件とするか? ①外見 ②金 ③性格のよさ ④趣味が同じ」というのがあります。これって、美女と野獣のテーマそのものなんですね。

 四つ。アニメ版はCGを原画に使用して立体的な演出を試みた、当時としてはものすごく革新的な作品でした。あれから25年が経過し、CG技術も究極のところまで来ていながら、ディナーのシーンが、アニメ版ほどドキドキしません。一体どうしたことでしょう?

 いい所もあります。ベルを演じたエマ・ワトソン。頭蓋骨の骨格がかっちりしており、理知的な雰囲気がベルにぴったりと感じました。

|

« 「パンセ」感想 | トップページ | WOWOW「孤独のススメ」感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49249/65214495

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「美女と野獣」感想:

« 「パンセ」感想 | トップページ | WOWOW「孤独のススメ」感想 »