« アリス・マンロー「ジュリエット」感想 | トップページ | 渡辺優「自由なサメと人間たちの夢」感想 »

2017/03/26

BD「シング・ストリート」感想

  アイルランド映画。

 アイルランドで家庭環境にやさぐれていた少年が、一目惚れした女の子の関心をひくために急遽バンドを組むという、たいへん不純な動機によるストーリー展開がよい。しかも、バンドを組んだメンバー一人ひとりの家庭環境に関するドラマや、バラバラだった彼らが一つにまとまるドラマ、へたくそだった演奏がどんどんうまくなっていくための血の出るような猛特訓ドラマなんかは思い切って全て割愛し、主人公のコナーと美少女ラフィナ二人に絞り込んだ所も潔くてよい。

 未来のないアイルランドの町から、才能のある若者が都会へ脱出するという展開は、最近女の子バージョンで「ブルックリン」でも描かれたし、古くは「リトル・ダンサー」からあるパターンだ。そういった過去の名作との違いは、ずばり懐かしい1980年代の音楽にあるだろう。

 コナーの兄が持っているLPレコード「デュランデュラン」や「ホール&オーツ」「スパンダーバレエ」などの名曲が、すさんだ兄弟の心を癒やし、暗い生活にわずかな光明を見せる。それだけならまあ普通の名作で終わるところ。本作がすごいのは、コナーたちが作曲し演奏するオリジナルの楽曲が、いずれも1980年代テイストたっぷりの名曲ぞろいという点にある。とにかく驚いた。たいていこの手の、ミュージシャンを主役にした映画では、オリジナル曲はつまらないものになる事が多いのだ。過去の名曲に果敢に挑んだのはいいが、あえなく撃沈という映画はたくさん観てきた。(例えば「あやしい彼女」。   あえて過去の名曲に挑戦しなかった作品もある。「BECK」だ。)

 しかし本作は違う。メロディーラインがキャッチーで美しい曲ばかりなのだ。1980年代に、ピーター・バラカンの「ポッパーズMTV」に夢中になった世代は、まず間違いなく本作にはまるだろう。ついでに言うと歌詞も抜群に素晴らしい。主人公たちの心のうちを見事に表現しており、このあたりある意味ではミュージカル的手法なのだ。

 コナーの兄が重要な役として登場するのだが、彼の「フィル・コリンズを好きな男に惚れる女はいない」という台詞が、「ポッパーズMTV」は好きだけど「ベストヒットUSA」はあまり・・・という人にとっては、あまりに名台詞すぎて泣けることだろう。

 ラストの、二人を待ち構える未来が過酷であることを象徴しつつも、しっかり乗り越えていくだろうことを暗示する終わり方もよかった。

|

« アリス・マンロー「ジュリエット」感想 | トップページ | 渡辺優「自由なサメと人間たちの夢」感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49249/65067743

この記事へのトラックバック一覧です: BD「シング・ストリート」感想:

« アリス・マンロー「ジュリエット」感想 | トップページ | 渡辺優「自由なサメと人間たちの夢」感想 »