« 藤谷治「花や今宵の」感想 | トップページ | 今村夏子「あひる」感想 »

2017/01/29

wowow「僕だけがいない街」感想

 原作の漫画は単行本第一巻までしか読んでいません。

 漫画の女性キャラは、かなりアクの強い個性的な描き方なのですが、映画のほうはキャスティングが石田ゆり子とか、有村架純とか、天然癒やし系なのでほっとします。

 主人公が小学生のころ、雛月加代という同級生がネグレクト&家庭内暴力を受けます。母親が新しい男と同居を始め、男が前夫との間にできた娘を邪魔者扱いし、母親もそれに同調する・・・という王道のパターン。

 若いライオンの雄は、力をつけると、ハーレムを形成しているベテランの雄に闘いを挑みます。負ける事のほうが多いのですが、ベテランの雄も加齢によってやがて負ける時が来ます。そうして若いライオンが老ライオンとの闘いに勝った時、老ライオンのハーレムを引き継ぐのですが、その時まず最初にやるのが、老ライオンとの間に生まれた子ライオンを全て食い殺すこと。そしてハーレムのメスを使って、新たに自分の遺伝子を後世に残すのです。雌たちも、若い雄の子殺しを黙認し、若い雄をすんなりと受け入れるのです。より強い子孫を残すために。

 やってることは同じだなと。ライオンの雄も人間の男も、前夫の子供は邪魔なんだなと。ライオンの雌も人間の女も、前夫との子供より、新しい夫との関係のほうを選択するんだなと。利己的な遺伝子怖いなと。

 話がそれました。

 その雛月加代が、児童相談所の所員に「どうする? お母さんと一緒に暮らす? それとも私たちと一緒に来る?」と二択を迫られます。その返事が「行きます!」

 よく言った! 偉いぞよく言った。そうやって母からすっぱり独立しろ! どうせ自己保身しか考えない母親だ!

 このシーンが、この映画の中で、最も感動した場面でした(ここかい!)。

 ちなみにタイトルが「僕だけがいない街」なんですが、ストーリーもその通りのエンディングを迎えます。つまり僕だけ死んじゃって、他の人たちはハッピーエンドなんですね。ただ、僕に例の能力があるのなら、僕以外にもその能力使える人がいるんじゃないでしょうか? だったら、その人が今度は僕を生き返らせるために能力を使ったりすれば面白いんじゃないかな? 僕一人だけ悲劇の主人公、しかもいい人! で終わるのは、ちょっとナルシストっぽいんじゃないかな・・・などと感じたりしました(完全に私見です)。

 

|

« 藤谷治「花や今宵の」感想 | トップページ | 今村夏子「あひる」感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49249/64824658

この記事へのトラックバック一覧です: wowow「僕だけがいない街」感想:

« 藤谷治「花や今宵の」感想 | トップページ | 今村夏子「あひる」感想 »