« 映画「この世界の片隅に」感想 | トップページ | DVD「ひそひそ星」感想 »

2016/11/27

森見登美彦「夜行」感想

 森見登美彦氏の新作です。

 デビュー作「太陽の塔」でファンタジーノベル大賞を受賞したのが2003年、その後「夜は短し歩けよ乙女」や「四畳半神話体系」で、京都の大学生を主人公にした京都地区限定エンタメ系に進むやに思われた森見氏ですが、2006年の「きつねのはなし」で、ただのエンタメではない、京都という古都が持つ魔力を主題に持ってきた正統派ファンタジー小説を書き、森見氏は、実はまじめに書くとこんな作風になるんだと読者を驚かせたのですね。

 その後「有頂天家族」やら「聖なる怠け者の冒険」やらで、再び京都エンタメ系(アニメ化もされた)に走った感のある森見登美彦氏ですが、今回久々に「きつね」系にカムバック。しかも舞台が、なんと京都からはみ出て尾道やら奥飛騨やら・・・。

 構成としては、登場人物が一人一人、自分の経験した怪異現象を皆に語って聞かせるという、「デカメロン」や「百物語」と似たパターン。おかげで、読者は一気に京都以外のあちこちの田舎に連れていってもらえます。当方尾道には二回ほど訪れたことがあり、さらに愛知にも親戚が多くなじみが深いので、第一話「尾道」と第四夜の「天竜峡」なんか、「あ、これ、あそこだ!」・・・ドキドキしながら読みました。

 本作は、娘が「長谷川潔を知っているかどうかで印象が変わるよ」と言って貸してくれたのですが、幸い妻が長谷川潔のファンだったらしく、どこかの美術館で買ったと思われる絵はがきサイズの作品がトイレの窓に立てかけて(笑)・・・。なるほど確かに夜のイメージが深まりそうなメゾチントです。

 表の世界と裏の世界。燭光の世界と夜行の世界、表裏一体となっていて、どちらが本当の自分の世界なのか、読者はくらくらとなり、判別ができないようになってくる、そんな魅力的な一冊です。

|

« 映画「この世界の片隅に」感想 | トップページ | DVD「ひそひそ星」感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49249/64552070

この記事へのトラックバック一覧です: 森見登美彦「夜行」感想:

« 映画「この世界の片隅に」感想 | トップページ | DVD「ひそひそ星」感想 »