« 佐藤多佳子「明るい夜に出かけて」感想 | トップページ | 森見登美彦「夜行」感想 »

2016/11/20

映画「この世界の片隅に」感想

 こうの史代氏原作のマンガを映画化したものです。

 こうの史代氏の作品を取り上げるのはこれで3回目くらいになると思います。「夕凪の街 桜の国」が実写で映画化された時は、麻生久美子の圧倒的な演技に打ちのめされました。今回「この世界の片隅に」がアニメで映画化されると聞いた時には、ものすごく不安になりました。こうの史代氏のタッチがアニメで表現できるとは到底思えなかったからです。

 どきどきしながら映画館に。客層は年齢層が完全にバラバラ。老年、壮年、青年と、ほどよくミックスされています。男女比もほぼ半々。基本的に戦時中の庶民の生活をダラダラ描いた作品ですから、客層に子供がいないのはまあ当然かなと。

 オープニングから圧倒されました。これはまさしくこうの史代氏のタッチ。色使いもまさしくこうの氏の水彩タッチそのまま。序盤ですずが、瀬戸内海の絵を白うさぎを使って描くシーンなど、ため息ものでした。全編こうの氏タッチのキャラが、まさしくそのまま自然に動きます。背景の美しさも驚異的です。タンポポの綿毛を吹くシーンでは、指先に残った綿毛のリアルさにびっくり。このスタッフは、一体どこまで本作を徹底して作り込んだのでしょうか。おそらくとてつもなく気の遠くなるような作業の連続だったと思います。採算を度外視しているとしか思えません。あちこちに見られるこのような職人芸に、スタッフの本作への愛がひしひしと伝わってきます。

 「神は細部に宿る」と言いますが、本作はまさにそれを実感させてくれる仕上がりとなっています。スタッフに心から感謝と尊敬の念を捧げたい。

 能年玲奈が芸名を「のん」と改め、主人公すずの声をあてていますが、両者のキャラが似通っているせいか(ぼんやりしている。空想にのめり込む癖があり、その間周囲が見えなくなる。彼女がいるだけで周囲が明るくなる等)、驚くほどピッタリはまっています。広島弁も実に自然です。

 音楽を担当するコトリンゴのボーカルも、のんの声質と似ており、しみじみと癒やされます。オープニングの「悲しくてやりきれない」には、いきなり心を鷲づかみにされました。ついでに言うと、効果音も音楽も、驚くほどの高音質で収録されています。びっくりしました。

 原作とはリンさんの描き方が変わっていました。たぶん本作を子供に見せても大丈夫なように配慮したのでしょうが、これはこれで、よかったと思います。特に、序盤の座敷童とリンさんを絡めるなど、よいアイデアだったのではないでしょうか。

 エンドロールには、リンさんも含め、ある仕掛けが施されており、私も含め、観客のほとんどはここで涙腺大決壊! やられてしまいました。本作のテーマが、タイトルの意味が、しみじみと心に染み渡り、心の底から観て良かったと思えるエンディングでした。

 戦争中のことを描いた作品ですが、テーマは、タイトルに示されたとおり、自分の居場所をどこに見つけるかという、たいへん普遍的なものです。その普遍的なテーマを、細かなエピソードの積み重ねで描くことに成功している希有な作品となっています。登場人物たちは、空襲や原爆など、様々な困難を経験するのですが、それは今を生きる我々にも、種類や形は違うだろうけれども、きっと同じように襲ってくるものでしょう。そういった困難の中で、どうやって自分の居場所を見つけていくか。

 個人的には、今年一番の傑作だと感じています。

 

 

|

« 佐藤多佳子「明るい夜に出かけて」感想 | トップページ | 森見登美彦「夜行」感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49249/64519702

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「この世界の片隅に」感想:

« 佐藤多佳子「明るい夜に出かけて」感想 | トップページ | 森見登美彦「夜行」感想 »