« 朱川湊人「主夫のトモロー」感想 | トップページ | DVD「バレエボーイズ」感想 »

2016/10/30

川上弘美「大きな鳥にさらわれないように」感想

 芥川賞作家の新作。しかもなんとSF! 文系女子にSFが書けるのか? と不安に思う人もいるかも知れませんが、ご安心を。作者はもともと生物学専攻の理系女子ですから。

 設定は人類が滅亡しつつある近未来。生き残った僅かな人類を、閉鎖社会に居住させて強制的に突然変異を誘発、新人類を誕生させることにより人類滅亡を回避しようとする超長期的プロジェクトの顛末が描かれます。 しかも彼らを監視する役として、代替わりしても記憶を受け継ぐ、実質不死のクローン人間が登場します。すごい設定です。

  しかし、描かれる世界はそんなトンでも設定とはかけ離れた、愛と憎悪の、相反すると同時に共存する人間の本質について。自分にないものを持つ者に対する嫉妬について・・・なのです。このあたりはさすが芥川賞作家。テーマがどこまでも深い!

 なぜ愛する人を独占したくなるのか。なぜ人は嫉妬するのか。なぜ異質な他人を恐れ排除しようとするのか。なぜ人類は同じ過ちを繰り返すのか。

 いくつものエピソードの中には、キリストをなぞらえた人物も登場します。病人を治す奇蹟を起こし、予言を的中させ、たくさんの信者に囲まれ、でも最後にはその存在を疎ましく思うグループにより処刑されるという・・・。

 こんな人類に、果たして地球上で生き延びる資格はあるのか? 

 読者は、ラストのエピソードを読んだ後、もう一度最初のエピソードを読み返すことになるでしょう。そして、あらためて作者の狙いを実感するのです。そしてそれは、決して冷たく突き放したものではない。

 傑作です。

|

« 朱川湊人「主夫のトモロー」感想 | トップページ | DVD「バレエボーイズ」感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49249/64420670

この記事へのトラックバック一覧です: 川上弘美「大きな鳥にさらわれないように」感想:

« 朱川湊人「主夫のトモロー」感想 | トップページ | DVD「バレエボーイズ」感想 »