« BD「残穢 住んではいけない部屋」感想 | トップページ | 古野まほろ「新任巡査」感想 »

2016/06/27

Perfume「COSMIC EXPLORER 和歌山ビッグホエール」 感想

 高松から約3時間。久しぶりの和歌山(前回行ったのはなんと2005年)。有名なラーメン屋「井出商店」は、和歌山駅からビッグホエールまでの道中にあるので、寄って食べていこうと思っていたのですが、店外に30人ほど順番待ちがあったので断念(根性がない!)。ただ、2005年の時と同様の強烈なにおいは、店外を歩いただけでも感じることができましたので、相変わらずの例の味のようです。

 さてビッグホエール。鯨のおなかの中は、天井になんと、三角形の内装材が幾何学模様に並べられているではありませんか! まるで最初からPerfumeのために作られたかのよう。びっくりです。

 今回の席は、初めての2階席、しかも前から4列目という、演出がバッチリ拝める良席!徳島の時はアリーナど真ん中前から2列目という神席で、真上にスピーカーがあるという状態でしたから、ほぼスピーカーからの直接音を聞くという感じでした。今回は一度フロアに当たって跳ね返ってきた音を二階で聞く感じ。相変わらずスピード感のある、クリアな爆音で、後半のアゲアゲな展開では、え!ここからまだフェーダー上げるんですか!!!という驚きの大音響。これはもう、最新のPA機材を完全に手なずけてしまった感があります。ただ、席の位置のせいなのか、静岡エコパほどには重低音(とは言っても、60ヘルツくらい)が響いてきませんでした(静岡はアリーナ前から10列目という中間的な位置、おそらく音響的には最上な場所かと思われる)。そういうわけで、今回体験した3会場の中では、静岡エコパがベストな音響のハコでありました。

 会場前の駐車場にはメルセデスベンツAクラスPerfume仕様が3台並んで駐まっていてびっくりしたのですが、その前をPerfukkyの三人が通り、二度びっくり! (Perfumeダンスコンテストの上位入賞常連さん。今回FLASHのコスしてました) しかも、ライブのMCで、なんとメンバーがこの三人を発見。年齢けっこういってる件について触れたのですが、なんとお一人は50歳いってらっしゃるとか(親近感!)。あ~ちゃんが「お父さんと同じじゃ」え? あ~ちゃんのお父さんってそんなに若いんだ!!

 歌い始めの曲紹介は、いつもあ~ちゃんがするのですが、「この曲、のっちがやってみたら?」「え! いいの? やった~」大喜びするのっち。ところがいざMC終わりになると、ついつい、いつもどおりに曲紹介してしまうあ~ちゃん。のっちどうする? と思っていたら、イントロ間に「わかやま~」と会場を煽るのっち!男前です。とっさの機転に、何度もトラブルやら修羅場やらをくぐってきたプロ根性というヤツを見たような気がしました。

 (・・・この辺り記憶があやふやなので、間違ってたらご指摘ください。)

 さて、後は追加公演のドームですね。あと2年でMSGに挑戦するというMCがありましたので、それまでこの3人が活動を続ける事は確定でしょう。ではその後は? 以前はあ~ちゃんの「25歳までに結婚したい」発言から、2014年に引退するのではと、ヒヤヒヤしていましたが、今回はMSG後どうなるかにヒヤヒヤ。そういうわけで、与えられた機会はなるべく逃さず、彼女たちの生の姿を少しでも多く目に焼き付けておきたいと思います。

|

« BD「残穢 住んではいけない部屋」感想 | トップページ | 古野まほろ「新任巡査」感想 »

コメント

 アーティストが、ステージをどのように設置するかにもよりますね。Perfumeの時は、ビッグホエールの楕円形の会場を、長径に沿って移動ステージを組んでいたので、曲によっては(Next stage with youなど)目の前15Mくらいのところで見ることができました。

投稿: たきたき | 2017/05/28 15:58

初めまして。
突然のメール申し訳ございません。
お伺いしたいことがありまして(*_*;

実は今度和歌山ビッグホエールにコンサートに行くのですが、私も貴方様と同じ2階4列目でして、どれくらいの感じの見え方なのかな、と思い教えて頂ければ有難いです(^^♪

投稿: るっつ | 2017/05/25 23:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49249/63834864

この記事へのトラックバック一覧です: Perfume「COSMIC EXPLORER 和歌山ビッグホエール」 感想:

« BD「残穢 住んではいけない部屋」感想 | トップページ | 古野まほろ「新任巡査」感想 »