« 佐藤正午「鳩の撃退法」感想 | トップページ | 上橋菜穂子「鹿の王」感想 »

2015/02/22

映画「悼む人」感想

 高良健吾が主役ということで、見に行きました。ファンなので。

 本木君が以前「送る人」という映画に出ていました。本作はそれとタイトル似てますし、イケメンが主役を演じる点も同じ。主人公が死者に関わる点も同じ。ですが、見終わった後の印象はまるで違いました。

 原作は天童荒太。右を見ても左を見てもメンタルヘルス系の小説だらけの今、そのきっかけを作った作家(と個人的に思っている)なので、本作ももちろん、登場人物のほとんどが、過去の痛ましい出来事により、精神的に病んでいます。高良健吾も、「なんで悼むんだ」と聞かれ「僕はおかしいのです」みたいなことを言います。

  縁もゆかりもない人を悼む行為を、「偽善だ」と決めつける雑誌記者を演じるのが椎名桔平。映画を観ている我々の思いを代弁します。それに対する答えが、作品後半でちゃんと示されるのですが、納得できる人と、そうでない人に別れると思います。ちなみに私は納得した口です。

 また、悼まれることを、死者は果たして望んでいるのかという疑問にも、やはり後半に、今度は椎名桔平が体を張って答えます。こちらの方は、おそらくご覧になった方のほとんどが納得するのではないでしょうか。

 ちなみに、このシーンを見た後、「自分がいつか死ぬことはわかっている。だったら、死んだ後に悼んでくれる人が、高良健吾みたいな青年だったらなあ」と思った女性ファン、絶対いるんじゃないか? と不遜にも思ってしまいました。

 ラストのスタッフロールで、夕陽をバックに死者を悼む高良健吾の姿に、思わず涙しました。生きろ。高良健吾! 高良健吾以外にこの役を演じることのできる俳優は、今のところ存在しないと思われます。

 本作のラストを見て、初代ウルトラマンの最終回を思い出しました。

 ゼットンと闘って死んでしまったウルトラマンの所へ、光の国からゾフィーがお迎えに来ます。ゾフィーがウルトラマンを蘇生させようとすると、ウルトラマンは「私は十分に生きた。だが、ハヤタ(ウルトラマンが取り憑いた地球人)はまだ若い。彼を生かしてやってほしい」とか言うのですね。つまり生き返ることができるのに、みすみすそのチャンスを他人に与えようとした。言い換えれば、ウルトラマンはこの時、死んでしまおう(自殺しよう)としたのです。ところが、ゾフィーは「私はいのちを二つ持ってきた」とか言って、ウルトラマンとハヤタの二人ともを蘇らせる。そしてウルトラマンはゾフィーとともに、光の国へ帰っていくのです。

 その後、地球の平和を守る任務は、ゼットンを自力で倒すまでに成長した科学特捜隊が担うことになります。

 「悼む人」との共通点を整理します。

 ①主人公は積極的に生きようとしなかった(ほっといたら死んでいた)。

 ②だが、主人公は生きて家に帰った。

 ③主人公には後継者がいた。

 一体なんのことか、わからないと思いますが、映画を観ていただければ、ちょっとだけ、「あ~ね」と思っていただけるかと(笑)。

|

« 佐藤正午「鳩の撃退法」感想 | トップページ | 上橋菜穂子「鹿の王」感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49249/61179220

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「悼む人」感想:

« 佐藤正午「鳩の撃退法」感想 | トップページ | 上橋菜穂子「鹿の王」感想 »