« 乾緑郎「機巧のイヴ」感想 | トップページ | 島田荘司「幻肢」感想 »

2014/12/07

小野不由美「営繕かるかや怪異譚」感想

 小野不由美先生の新作です。残念ながら十二国記シリーズではありません。

 襖をあける手やら、屋根裏からのぞく誰かやら、住居にまつわる怪異現象に家主がさんざん苦しめられ、助けを求める。やがて登場した主人公が、鮮やかにそれを修繕して去っていく、というパターンの短編集です。

 主人公「営繕かるかや」の尾端くん。霊感があるわけでもなく、基本はたんなる大工なのに、そういう依頼を引き受けることが多いというこの青年。主人公なんだから、普通はもっと、どこに誰と住んでるとか、どんな癖や嗜好があるとか、彼自身のキャラ説明があったりするんでしょうが、本作、まったくと言っていいほどそれが書かれていません。したがって謎のキャラのままです。

 ストーリーのほとんどは、怪異現象に悩む家主とその家族の、恐怖の描写に費やされます。で、いよいよ家主たちが精神的に耐えきれなくなってきたころに、尾端君が呼び出される。ラスト4ぺージほどで、鮮やかに修繕し、風のように去っていく。

 作者が何を描きたいのかが、実によくわかります。小野先生にとって、尾端くんの個人的な事なんか、どうでもいいのですね(笑)。過去にどういった事件があったせいでその家に怪異現象がおこるのか、どうやったらそれを鎮めることができるのか、そういうどろどろした人間の過ち、闇の部分を描くこと、そちらが本作の主眼となっております。

 いやこれ、夏に読みたかったなあ、冬に読むにはぞっとしすぎます。怪談専門誌「幽」に連載は続いているようなので、続編を来年の夏に読めたらいいかも。

|

« 乾緑郎「機巧のイヴ」感想 | トップページ | 島田荘司「幻肢」感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49249/60775969

この記事へのトラックバック一覧です: 小野不由美「営繕かるかや怪異譚」感想:

« 乾緑郎「機巧のイヴ」感想 | トップページ | 島田荘司「幻肢」感想 »