« 舞城王太郎「キミトピア」感想 | トップページ | 「カンヌの衝撃」再び »

2013/07/13

Perfume「Spending all my time」PVの意味 再考

 先日のPerfumeのロンドン公演ライブ、オープニングはSAMTでした。

 初めてPVが公開された時は、その謎だらけの映像が何を暗示しているのか、あちこちで話題になりました。(私も去年の8月、当ブログであれやこれや書きました。)
 しかし、ワールドツアー・ファーストのあ~ちゃんのMCで、SAMTが作詞作曲された当時の3人の状況がわかるにつれ、あのPVがどのような意味を持っていたのかが、何となくわかってきたような気がします。

 その時のMCの一部を、以下に再掲します。
「今日このステージに立つまで、私たちPerfumeは、解決しないといけないことが本当にたくさんありました。日本でずっとやってきたレコード会社は、日本だけしか発信することができないところでした。でも、デビューする前からも、デビューしてからも、つらい時にも、がんばってもがんばっても認めてもらえない時にも、テレビにようやく出られるようになって、いろんな人の態度が変わった時にも、ああ悲しいなって思う時にも支えてくれたり、嬉しいねって一緒に喜びあったり。そうやって一緒に過ごしてきたスタッフさんたちは、本当に私たちのことを愛してくれていました。
 こうやってこのステージに立つまでに、本当にいろんな人が関わって応援してくれました。ここに来るために、レコード会社をユニバーサルに変わらないといけない時期があったので、それに踏み切るのに本当に時間がかかって。それは私にはすごく勇気がいる行動でした。でも、レコード会社の皆さんが、「Perfumeは、今行くしかないよ。だから君たちは徳間を卒業して、ユニバーサルに行くんだ」そういう風に言ってくれました。そこまで言ってくれる、深く愛してくれる人が、近くにいてくれたので、今このステージに立たせていただいております」

 最近、某TV番組のインタビューでも、あ~ちゃんは「デビューからずっと一緒に愛してくれてたスタッフさんと離れるのがホントに悲しくて、勇気が出せなくて、2年ぐらい踏み込めずにいた」と語っていました。

 これらの事から考えるに、あのPVの意味はおそらく以下のようなものと考えられます。

 3人は徳間から出ようと思えばいつでも出られる。壊そうと思えば簡単に壊せそうな南京錠が、それを暗喩している。ただ、まったく売れなかった時から一緒に苦楽をともにしてきた徳間スタッフのことを考えると、なかなか移籍に踏み出せない。PVはそんな彼女たちの苦悩を描いている。前に進もうとする足と、進んでは後戻りする足の映像が繰り返し流れるが、これは彼女たちの、レコード会社移籍をためらう気持ちを表現していると考えられる。さらに、憂いを含んだ3人の表情がそれを補強する。
 何度もドアをノックする姿は、移籍のための相談をしたいという彼女たちの意思表示であろうか。力づくで外に出るのではなく、納得する形で外に出たい。そんな思いが感じられる。
 自分たちの能力を外に向けて発揮したいが、それができない。施設に閉じ込められた3人の姿と、いろいろな能力を発揮するシーンがPVで描かれるが、これは国内から国外に活動の場を広げたいのに、それだけの能力を持っているのに、それが出来ない当時の3人の葛藤を描いていると思われる。
 だが、ついに3人は手を取り合い、その能力を国外に向けて発動する。その時が来たことを、PVのラストシーンは描いている。

 歌詞の「私のすべての時間を使って」だが、これはPerfumeの3人と苦楽をともにしてきた徳間スタッフたちの気持ちではないだろうか。「君たちは徳間を卒業してユニバーサルに行くんだ。私たちと過ごした今までのすべての時間を(ともに苦労した思い出を)使って(卒業して)海外へ羽ばたくんだ」あるいは「徳間で出したすべての楽曲をすべて使って海外へ羽ばたくんだ」とも取れる。そんな彼らの気持ちがこの歌詞にこもっているように思われるのだ。
 「このまま離さないで」=「私たち徳間スタッフの事を忘れないで」とも取れるし、「海外に出て行くこのチャンスを離さないで」とも取れる。
  「いつも君を想うよ」=「ユニバーサルに移籍しても、私たち徳間スタッフはいつまでもPerfume3人のことを想っているよ」というように考えられる。
 「信じてる 君のこと」=「君たち3人が世界に通用するアーティストだってことを信じてる。きっと海外でも成功するって信じてる」と考えられる。または「移籍してもあなたたち3人は、私達徳間スタッフのことを忘れないでいてくれるって信じてる」と考えることもできる。

 以上、私の強引な(笑)解釈でした。

|

« 舞城王太郎「キミトピア」感想 | トップページ | 「カンヌの衝撃」再び »

コメント

Perfumeの歌詞は、しばしば彼女たちの当時の状況を反映している(ように思われる)ので、毎回新曲が出る度に目が離せませんね。

投稿: たきたき | 2017/08/21 20:11

徳間スタッフ視点から読み解くと、こういう解釈になるとは! 逆転の発想ってやつ?

投稿: ikeharu | 2017/08/21 18:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Perfume「Spending all my time」PVの意味 再考:

« 舞城王太郎「キミトピア」感想 | トップページ | 「カンヌの衝撃」再び »