« 「ハキリアリ」バート・ヘルドブラー、 エドワード・O・ウィルソン著  梶山あゆみ訳 感想 | トップページ | 青山七恵「すみれ」感想 »

2012/08/11

DVD「キツツキと雨」感想

 本作の監督は「南極料理人」の沖田修一。
 本作も、食べるものの描写がなかなか細かいぞ。ついでに笑いのツボとストーリー展開のテンポも、相変わらす、独特のとぼけっぷりが心地よい。
役所広司。芸名通り、幅広くいろんな役を演じるお方。今回はなんと木こり! しかも、どうやら実際にチェーンソー扱って木を切っているみたい。ダイワマンどころじゃないな、まったく。
 若造映画監督の幸一を演じるのは、小栗旬。
 小栗旬は、つい最近「宇宙兄弟」で兄の六太を演じていたのが記憶に新しい。その六太とのキャラの違いにまずびっくりした。どこか脳天気なところのある六太に対し、本作の幸一君、引っ込み思案で、しかも妙なジンクスを気にする人なのである。トラブル続出の撮影現場で、スタッフに何一つ指示を出せないダメ監督。六太とはまるで別人。小栗旬、なかなか役所広いぞ。
 幸一監督の撮影する「ユートピア」とかいうゾンビ映画、なんともいえないB級っぽさがたまらない。予算がほとんどなく、一点豪華主義で、有名俳優を一人だけ使うという設定らしく、後半で山崎努という大御所が出てくるのも、おもしろい。しかもこの山崎努、痔が悪化して、長時間の撮影は無理!という、なかなかに失礼な設定(笑)。
木こりの役所広司と、ダメ監督幸一君が出会うことで、ふたりそれぞれ、新たな一歩を踏み出すきっかけを得る、という王道のストーリーで、安心して見ることができる。イケメン俳優高良健吾の出番が少ない辺り、監督さんやるなあ。

 結局、このゾンビ映画、客の入りはよかったのか、それとも大コケだったのか。そのあたりは本作のラストを見れば、なんとなくわかるようになっている。おもしろかった。

|

« 「ハキリアリ」バート・ヘルドブラー、 エドワード・O・ウィルソン著  梶山あゆみ訳 感想 | トップページ | 青山七恵「すみれ」感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49249/55401627

この記事へのトラックバック一覧です: DVD「キツツキと雨」感想:

« 「ハキリアリ」バート・ヘルドブラー、 エドワード・O・ウィルソン著  梶山あゆみ訳 感想 | トップページ | 青山七恵「すみれ」感想 »