« 中田永一「くちびるに歌を」感想 | トップページ | 稲垣潤一とPerfume 苦節10年の共通点 »

2012/07/01

映画「スノーホワイト・アンド・ザ・ハンツマン」感想

 ひたすら突っ込みまくる感想文です。娯楽映画なので笑って読んでいただけたらと思います。どうかご容赦下さい。
 なお、多少ネタバレありますが、ネタバレしても、さほど鑑賞の邪魔にはならないかな? というか、あらすじはみんな知っているわけですよね。でも、細かい演出などお気になさる方は以下読みませぬよう。

警告

ネタバレ

警告

ネタバレ

 戦うスノーホワイトというのが、キャッチコピーですが、おかげでスノーホワイト、ルックスはかなりキツメのお姉さんです。幼少期はふっくらほっぺに、ぱっちりお目々のかわいらしい女の子だったのに、牢に幽閉されて成人したら、まあ、どうしてこんなにキツイ顔に? 顔の輪郭とか目とか鼻とかは美人だと思うんですけど、口が・・・怖いです。

 魔女の表現にはCGを大変効果的に使っており、実にすばらしい。乙女の若さをひゅひゅひゅ~っと吸い取ることで、老化した肌が徐々に美しくなるシーンなんか、このまま化粧品のCMに使えそうです。シャーリーズ・セロン、この役にどんぴしゃではまってますね。こっちが主役でしょ? と思うくらいです。

 鏡よ鏡、鏡さんのシーンは、なんだかターミネーター2を思い出させます。そう、あの未来から来た、液体人間型殺人マシーン。どろりと溶けて、ぐるぐるっと持ち上がり、人型になるのですよ。

 スノーホワイトが城から海へ逃げ出すシーン。何年も狭いところに閉じ込められていたにも関わらず、ずいぶん体力があります。どこでそんなに足鍛えたの? 部屋にルームランナーでも隠してた? さらに海岸には都合良く白馬が。いやそれはいいんです。きっと見えざる何かが、彼女のために用意したのでしょう。問題はその馬に鞍がついていないという所。しかも追っ手から逃げるために全力疾走! 鐙も手綱もなしでしょ? いや~大変だ・・・。

 さらに、せっかくスノーホワイトを助けてくれた馬なんですが、なんと沼地に足を取られて沈んでしまいます。このシーンは、ネバーエンディングストーリーのパクリ? っていうか、見えざる力がスノーホワイトのために差し向けたはずの聖なる馬が、こんな所であっさり出番終わっちゃっていいの? 聖なる力があるんなら、最後までスノーホワイトのお供しなさいよ。

 さらに、暗黒の森に迷い込んだスノーホワイト。突然トロルに襲われるのですが、スノーホワイトをまじまじと見たトロルは、森の奥へ姿を消す、というエピソードがあります。一目惚れですか? 当然スノーホワイト挙兵シーンで、トロル再登場かと思いきや、それっきりで出番ありません。え? いいの?

 暗黒の森に出てくる様々なおどろおどろしい物の怪たちですが、ずいぶん日本アニメの影響を受けたようで、可愛らしくなっています。特にキノコ。かわいかったです。でも、大角の鹿が出てきたときは、ほとんどの客が「あ、宮崎アニメそのままぱくったな」と、お口あんぐりするのではないでしょうか?
 しかも、この大鹿、当然スノーホワイト挙兵シーンで再登場し、スノーホワイトに力を貸すのかと思いきや・・・(以下同文)。
 聞くところによると、続編制作が決定したそうで、ゴブリンも大鹿も、最初っからそっちで活躍させるつもりで、出番少なめでしたか?

 追われる途中に逃げ込む村のエピソードも、別になくてもいいんじゃない? と思ってしまいます。女王から美しさをねたまれないようにするため、顔に傷をつける女たちとか、圧政に苦しむ庶民を描きたかった? 個人的には、ここはすっ飛ばして、とっとと七人のこびと登場シーンにしてほしかったですね。

 七人のこびとが、最初八人だったのにはびっくり。妻が指摘するまで気づきませんでした。しかもこの八人目、かわいそうに途中で戦死します。だから八人なのかよ? 気の毒に。最初っから死ぬ設定なんですね。

 そもそも、みなさんは、なぜあっさりとスノーホワイトに従って反乱軍に加わるのでしょうか? 妻が言うには、「スノーホワイトの純真さに心打たれたからでしょ」でも、スノーホワイトが魔女にだまされてリンゴを食べるシーンでは、偽ウィリアムスとのキスシーンとかもあって、全然純真じゃないような気が。普通の、どこにでもいるだまされやすい娘じゃないですか。だいたい、民衆は何をもってスノーホワイトを純真と判断するの?
 たぶん、圧政に苦しむ庶民は先王を懐かしんでいるという、中盤のエピソードを効かせているんでしょうけど、それって、スノーホワイトの人徳とは関係ないでしょ? お父さんの七光りじゃん。そういう話でいいの?

 映画の原題は「スノーホワイト&ザ・ハンツマン」ハンツマンって、狩人くらいの意味でしょうか。ついついパンツマンと間違えてしまって困りました。え、そんなの私だけ? いやいや、「よつばと」の読者なら、きっとみんな「パンツマン」と間違えたはず。
 
 クライマックスで、スノーホワイトが魔女を倒すための戦術が、なかなか老獪です。パンツマンの教えを忠実に守ってます。

 魔法の鏡と対面したスノーホワイト、何かおっしゃるのかと思いましたが、何もなし。え? ここって結構大事なシーンなんじゃないの? 実は撮影してたけど、時間の都合で泣く泣くカットとか? それなら中盤のどうでもいいシーンの方をカットしてくださいよ。

 最後にスノーホワイトが選ぶのは、はたして幼なじみのウイリアムスか、はたまたパンツマンか? そのあたりがきちんとわかるようなエンディングとなっています。わかりやすい映画でした。

|

« 中田永一「くちびるに歌を」感想 | トップページ | 稲垣潤一とPerfume 苦節10年の共通点 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49249/55096885

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「スノーホワイト・アンド・ザ・ハンツマン」感想:

« 中田永一「くちびるに歌を」感想 | トップページ | 稲垣潤一とPerfume 苦節10年の共通点 »