« Perfumeの性格に惚れた人たち | トップページ | 川上未映子「すべて真夜中の恋人たち」感想 »

2012/05/07

映画「テルマエ・ロマエ」感想

 コミックは三巻まで読んだところで、映画を見にいってきました。

 ちなみに塩野七生「ローマ人の物語」は、かつて全巻読破したような気がします(笑)。たしかにローマ人は風呂好き、というか、ローマ帝国の一員になれたら、ローマ人と同じ文化=上水道と風呂の恩恵にあずかれる、というので、周辺諸国は喜んでローマの属州になっていったみたいな読後感があったような気が・・・(笑)。

 本作、コミックもかな~り、おもしろいのですが、映画の方も負けず劣らず素晴らしいデキでした。

 ストーリーはコミックの三巻までを、だいたい丁寧に踏襲・・・と思いきや、1時間過ぎた辺りから、上戸彩が積極的にストーリーに絡みだして、そこからは映画オリジナルストーリーへと突き進んでいきます。これが、なかなかよかったです。特に、雨に濡れるローマ風衣装の上戸彩サービスカットは、なかなか魅力的なのですが、阿部寛演じるルシウス技師は、まったくそんなお色気にはびくともせず、自らの信念に従って行動するあたりの男気がよかったなあ。

 「平たい顔族」の、個人の業績よりも和を尊ぶ生き方などを、ルシウス技師が誉め称えるシーンは、「ああ、お願い、もっと言ってもっと言って」的に、日本人の自尊心を絶妙にくすぐってくれます。

 出演している日本人で、ローマ人を演じる役者さんは、阿部寛を筆頭に、3D系の、立体強調フェイスの方が多いのですね(笑)。ローマの町を歩くエキストラには、地中海系の外国人をたくさん使っているのですが、阿部寛も宍戸開も、その中に自然に溶け込んで、全く違和感ありません。むしろ、彼らが日本語で話し出すと「え?なんで字幕スーパーじゃないの?」みたいな違和感を感じてしまいました(笑)。

 でも上戸彩は、こうやって比べてみると、やっぱり平たい顔族なんだなあ、でも魅力的だなあと、あらためて確認した次第。

 エピソードの合間合間に、情熱的なイタリアンオペラが入るのも、その演出ともども楽しかったです。

|

« Perfumeの性格に惚れた人たち | トップページ | 川上未映子「すべて真夜中の恋人たち」感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49249/54651589

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「テルマエ・ロマエ」感想:

« Perfumeの性格に惚れた人たち | トップページ | 川上未映子「すべて真夜中の恋人たち」感想 »