« DVD「書道ガールズ!!私たちの甲子園」感想 | トップページ | 朱川湊人「太陽の村」感想 »

2010/11/15

DVD「時をかける少女」感想

 ①NHKの連続ドラマ「タイムトラベラー」 ②原田知世主演の尾道ロケ版 ③アニメ版 と来て、本作は実に4作目となります。

 ヒロインの仲里依紗、表情がくるくる変わります。目を大きく見開いて涙をぼろぼろこぼすシーンでは、ものすごい美少女に見えます。でも、銭湯のマッサージチェアでくつろいでいる時の表情なんかは、そこらのおばちゃんそのものです。笑えます。役柄上、あえて変な顔をしているらしい部分もあるようです。

 ちょっとがさつで、でも恋愛に対しては奥手、根は純情でいい奴、というキャラをうまく演じていると思います。このキャラ、なんだかアニメ版とかぶってるなあと思って調べてみたら、アニメ版のヒロインの声を演じていたのは仲里依紗でした。・・・道理で。

 たとえ記憶を消されても、心のどこかに何かひっかかるものがある。一体何だろう? と首をかしげるヒロイン。シリーズ作に共通するこの大事なパターンは、本作でもきちんと踏襲されます。人気グループ「嵐」の「モンスター」も、そんなテーマの歌でしたね。さらに、重要人物とのすれ違いシーンなんかは、尾道版のラストシーンを彷彿とさせ、胸がきゅんとなります。

 今回は昭和にタイムトラベルする話なので、随所に昭和を感じさせる小物が出てきます。路上にさりげなく駐めてある自動車が、「ルパン三世カリオストロ・・・」に登場する昔のフィアットだったりします。

 エンドロールの歌は、できれば名曲「時をかける少女」で締めくくってほしかったかな。オープニングで使っちゃったから、2度は使えなかったんでしょうか? 尾道版のエンドロールはつくづくよかったと思います。映画の回想シーンだと思っていたら、突然そこから原田知世が歌い出す、という驚きの演出。

 ・・・やっぱりついつい過去の作品と比べてしまいました。すみません。

|

« DVD「書道ガールズ!!私たちの甲子園」感想 | トップページ | 朱川湊人「太陽の村」感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49249/50040278

この記事へのトラックバック一覧です: DVD「時をかける少女」感想:

« DVD「書道ガールズ!!私たちの甲子園」感想 | トップページ | 朱川湊人「太陽の村」感想 »