« 朝井リョウ「桐島、部活やめるってよ」感想 | トップページ | 映画「ウルフマン」感想 »

2010/04/25

川上弘美「これでよろしくて?」感想

 独特の擬音や文体が魅力の川上弘美が、わりと肩の力を抜いて書いたような小説です。

 38歳、子どもなし、決断力に乏しく片付けの苦手なおとなしい主婦が、ある日突然「これでよろしくて?」というサークルに勧誘されるという、ちょっとファンタジーなオープニングです。

 で、このサークルなんですが、何をするところかというと・・・一言で言っておばちゃんたちの井戸端会議ですよね? でもこれがあなどれない。おもしろすぎるのです。毎回ノートから出てくる議題がもう最高。脱いだパンツをどうするか? とか、温泉で上司が局部を隠さずに近寄ってきた時の対処法とか、上司がチュー写真を見せてきます。どうしたらいいでしょうとか。専業主婦にとってあれは労働であるとか。で、私、労働は大好きとか。トイレで音姫は使わない主義であるためこんな目にあったとか、爆笑モノです。毎回町の定食屋で食事をしながら会議を開くのですが、それを隣で聞いていたカップルの女のほうが、すっかり耳ダンボ状態に。連れの男は機嫌が悪くなってさっさと店を出ようとするのですが・・・。

 で、途中から小説は、主人公の嫁対姑戦争に対する助言へと形を変えていくんだけど、ここらあたりから男性読者は読んでいてかなり居心地が悪くなってくるのではないでしょうか? どうしたって、男は母と妻の間で中途半端な立ち位置になりがちですからねえ。 

 小説はラスト近くで、実はおばちゃんたち、みんな幻? これって大人のファンタジー?とか思わせておいて、いやそんなことないよと、軽くどんでん返し入れてきます。

 最近の奥さんって、昔みたいに井戸端会議する機会も場所もないから、悩みを全部抱え込んじゃうのかもしれないなあ。

|

« 朝井リョウ「桐島、部活やめるってよ」感想 | トップページ | 映画「ウルフマン」感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49249/48180488

この記事へのトラックバック一覧です: 川上弘美「これでよろしくて?」感想:

« 朝井リョウ「桐島、部活やめるってよ」感想 | トップページ | 映画「ウルフマン」感想 »