« DVD「サマーウォーズ」感想 | トップページ | 中山七里「さよならドビュッシー」感想 »

2010/03/20

DVD「釣りキチ三平」感想

 小学生のころ、少年マガジンで連載されていたのをよく読みました。今回、CGの力を借りて実写で蘇ったのが本作です。
 主役の三平役は、誰がするのかと思ったら、「ALWAYS 三丁目の夕日」で茶川先生の養子役(?)で有名になった須賀健太。三平のキャラにぴったりだと思います。
 三平の姉役を、今は主婦となってしまった香椎由宇が演じています。姉の存在は原作にはない設定ですので、どうなるかと思いながら見ました。結果的に原作の釣りキチ色はかなり薄まり、都会暮らしに疲れて、生きる喜びや楽しさを見を失った姉に、釣りの楽しさ、ワクワク感を思い出させる弟、という人間ドラマになってしまいました。このあたり、原作のような、三平 対 幻の巨大魚 の知恵比べストーリーを期待していたファンからは、賛否両論あるようです。
「お姉ちゃんは東京で幸せなのか? 幸せじゃないから、幸せなおらを見て、嫉妬してるんでねか?」 三平なかなか鋭い分析です。香椎由宇ちゃん、たじたじです。
 CGパワーを、ビルを壊したり人を殺したりするのに使ったりせず、幻の巨大魚に使うって、いいですねえ。

|

« DVD「サマーウォーズ」感想 | トップページ | 中山七里「さよならドビュッシー」感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49249/47860762

この記事へのトラックバック一覧です: DVD「釣りキチ三平」感想:

« DVD「サマーウォーズ」感想 | トップページ | 中山七里「さよならドビュッシー」感想 »