« 本多孝好「WILL」感想 | トップページ | 森見登美彦「宵山万華鏡」感想 »

2009/11/21

DVD「真夜中のピアニスト」感想

 『うちの親父は 年に似合わず独断的でやり手だったろ。それがある時鼻につきだした。昔からそうだが今度は前と違った。以前は相談するふりだけして、結局俺が命令されて動いていた。今は何でも相談する。俺がどう思うか、どうしたいか、と。経理の女や秘書との浮気まで相談する。最低だよ。ぞっとする。俺をダチのように扱うんだ。どうかしてるぜ。当然ひらめいた。「親父じゃない。ガキになったんだ。保護者が俺かよ」と。俺が父親になったんだ。ある朝起きてみたら、立場が逆転してたんだ。どうしようもない。わめいて壁を殴ろうが役に立たん。』

 冒頭、主人公トムの相棒が語るこのセリフ。子はいつか父親を乗り越えようとする。でも、ある時突然、勝手に父親の方がこける時がある。高い所に登ろうとしていたら、突然はしごを外されたような感じ?

 原題を直訳すると「私の胸をうつ鼓動」くらいになるのでしょうか。邦題の「真夜中のピアニスト」とは全然違います。まあトムの心はいつも真夜中っぽかったですけど。

 主人公トムは地上げ屋。普段は非合法なやり方で強制的に立ち退きを迫り、法外な利益をあげる毎日。

 ある時、ピアニストだった亡き母の知り合いに出会い、ピアノのオーディションを受けようとします。まずは若い中国人のピアノの先生に指導をお願いするのですが、彼女は中国語以外ほとんどしゃべれない。だったら、誰かに通訳を頼めばよさそうなものですが、そうはしません。うまく弾けずにいらいらするトムを、なんとか指導しようとする彼女。フランス語と中国語でかみ合わない口論をするシーンが素晴らしい。彼女はたぶんズバズバと容赦なく批判しているんでしょうが、中国語の字幕は出ません。きっとこんなことを言われているんだろうなと想像しながらも、自分に都合の悪そうな部分には目をつぶろうとするトム。現実をまっすぐ見ようとしません。

 また、1対1で、しかも彼女の部屋でレッスンするわけだから、当然男女の関係にでも発展するのかなと思うのですが、そんなそぶりもさっぱりなし。

 夜、自分の部屋で、ピアノの巨匠ホロヴィッツのビデオを繰り返し見るトム。神が乗り移ったかのような手の動き。インスパイアされて、少しずつ上達していくトム。

 やくざな仕事をしている時、トムは自己嫌悪に陥ります。ピアノの練習をしている時が一番充実しているような気がする。ついにトムはオーディションを受けます。

 でも、素人が聞いても、彼のピアノはテンポが自己中心的に動きすぎです(たぶん代役の人がそういう弾き方をしているのでしょう)。しかも強引な弾き方。こんな弾き方で、プロのオーディションに受かるわけありません。でも、そんな彼が普段携帯音楽プレイヤーで聞いているのは、なんとエレクトロミュージック。日本で言うと「perfume」みたいな、若い女性が歌うクラブ系の曲です。当然無機質なサウンド。しかもいっさい揺れ動くことのないリズムなわけです。ピアノで弾くクラシックが、感情込めまくりのリズム揺れ動きまくりなのとは、実に対照的です。自分の好きなエレクトロミュージックの特徴(=厳格なテンポコントロール)が、自分のピアノの弾き方に反映されない。そこに彼の音楽家としての限界が見えます。

 なぜこうなるのか? このエレクトロミュージックは、やくざな仕事をする時の、彼の心を反映しているからだと思います。人間的な心を持っていたのでは、非情な仕事に徹することができない。だから非人間的な曲を聴いて、心のバランスを取ろうとする。そのように感じ取れます。ピアノを弾く時にテンポを動かしまくるのは、普段の非人間的な自分に対する反動ではないでしょうか?

 ラストは結局、気がついてみたら父と同じ道を歩んでいました・・・っていう感じ。ピアノの美しい響きが彼の心を癒してくれることを願いながらエンドクレジットを見ました。

|

« 本多孝好「WILL」感想 | トップページ | 森見登美彦「宵山万華鏡」感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49249/46820566

この記事へのトラックバック一覧です: DVD「真夜中のピアニスト」感想:

« 本多孝好「WILL」感想 | トップページ | 森見登美彦「宵山万華鏡」感想 »