« 池上永一 「テンペスト」感想 | トップページ | DVD「永遠の子どもたち」感想 »

2009/05/25

DVD「迷子の警察音楽隊」感想

 エジプトの警察音楽隊が異国の地イスラエルで迷子になってしまう話と聞いていたので、見る前から、きっとこんな話に違いないなどと、勝手に話を想像してました。そのうえ、DVDを借りる予約をずいぶん前からしていたのにもかかわらず、なかなか順番が回ってこなかったので、待っている間にまだ見ぬ作品へのイメージがどんどん勝手に膨らむ膨らむ(笑)。
 エジプトとイスラエルは、中東戦争のこともあり、たぶん仲が悪い国どうしなんだろうから、最初は敵対視したり、異国の文化にとまどったりしながらも、少しずつ相手も自分たちと同じ感情を持つ人間であることに気付き、お互いの文化を理解し合う話・・・みたいな。そんで、政治家同士は相手を理解しようとしなくても、警察音楽隊は両国の親善大使となりイスラエルの人たちと仲良くなっていって、いろいろ道を教えてもらったり、食事をお世話になったりしながら、お返しに演奏を聴かせて、そんで最後は目的地に着き、そのころにはメディアにこの音楽隊のことが大々的に取り上げられていて、一目見ようとイスラエルじゅうの音楽愛好家や、平和を望む人たちが集まり、大感動の演奏会でしめくくる・・・みたいな(笑)。 某日清製粉の「音楽に国境はないっ!」 みたいな?

 全然違いました。年老いた楽団団長が、過去を悔いる話でした。若くて軽率な行動をする自分の部下に、息子を重ね合わせて見る話でした。国籍に関係なく、人は所詮孤独なんだという真実を、あらためて見せつけられる話でした。そして人は、その孤独に耐えられず、愛という幻想をいつまでも見続けようとする。そんな哀しさがビシバシ伝わってくる話でした。

よかったです。

 ラストの演奏会のシーンで、この警察音楽隊の真の姿を見ることが出来ます。団長、指揮するだけじゃあなかったんですね。

|

« 池上永一 「テンペスト」感想 | トップページ | DVD「永遠の子どもたち」感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49249/45129813

この記事へのトラックバック一覧です: DVD「迷子の警察音楽隊」感想:

« 池上永一 「テンペスト」感想 | トップページ | DVD「永遠の子どもたち」感想 »