« 藤崎慎吾「鯨の王」感想 | トップページ | 池澤夏樹「きみのためのバラ」感想 »

2007/08/25

万城目学「鴨川ホルモー」感想

 以前紹介した「鹿男あをによし」の作者万城目(まきめ、と読みます)学のデビュー作です。

 作品の完成度としては「鹿男」のほうが高いと思いますが、はっちゃけぶりはこちらの「ホルモー」のほうが、大分上かと思います。だいたいタイトルからしてはっちゃけてます。

 ホルモーってなんだ? ホルモンじゃあないのか? と思って読み始めたら、最初の3行目であっさり「ホルモンではなくホルモー」と否定されてしまいました。じゃあ何なんだと突っ込まれると答えに窮します。盛大なネタバレになるからです。

 ヒント。 安倍晴明! (そんだけかい?)

 ではではもう少し。

 古都京都に伝わる伝統行事? ホルモーを通しての、京大生たちの青春が描かれるというか、何というか。

 いけてないと思ってた女子大生が、眼鏡を取ると実は・・・という古典的パターンも、古都京都の物語に相応しい・・・のかな?

 ここは変に順番を入れ替えずに書いたほうがいいんじゃないかとか、ここの文末は過去形だろとか、気になる点はいくつかありますが、まあデビュー作ということで。実際「鹿男」ではそのあたり、うまくなってましたから。むしろ、「俺はこういう世界を書きたいんだ!」って突っ走って書いた感じがあちこちに感じられ、それが実にフレッシュで、読後感もたいへん爽やかです。

 まだ二作。今後がとても楽しみな作家です。 

    

|

« 藤崎慎吾「鯨の王」感想 | トップページ | 池澤夏樹「きみのためのバラ」感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49249/16232229

この記事へのトラックバック一覧です: 万城目学「鴨川ホルモー」感想:

« 藤崎慎吾「鯨の王」感想 | トップページ | 池澤夏樹「きみのためのバラ」感想 »