« DVD「ピエロの赤い鼻」感想 | トップページ | DVD「茶の味」感想 »

2005/05/21

歌野晶午「葉桜の季節に君を想うということ」感想

2005/05/15 Sun  歌野晶午「葉桜の季節に君を想うということ」感想

 職場の同僚が「これ、めちゃおもろいで。」とすすめてくれたので、読んでみました。おもしろすぎです。はまりました。
 オープニングの数ページは、中学生が読むにはちょっとな内容なんですが、それもラストのどんでん返しのための伏線と後でわかります。
 タイトルがそもそも長いですよね。「世界の中心・・・」以来、長いタイトルが流行っているのかと思いましたが、この作品に限って言えば、このタイトルは作品のテーマを実に端的に表しています。ラスト数ページを読むと、タイトルの意味がしみじみとわかります。
 いちおうミステリー小説なんでしょうが、実はテーマは恋愛です。でも、「世界の・・・」が青少年向けなのに対して、こちらはあきらかに中高年向けの恋愛小説です。私と同世代の方は、ぜひご一読を。中高生諸君は、中年になってから読むといいぞ(そのころこの書き込みを覚えていればの話だが)。 

|

« DVD「ピエロの赤い鼻」感想 | トップページ | DVD「茶の味」感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49249/4225384

この記事へのトラックバック一覧です: 歌野晶午「葉桜の季節に君を想うということ」感想 :

« DVD「ピエロの赤い鼻」感想 | トップページ | DVD「茶の味」感想 »